私たちが目指すもの

「創意工夫」と「創造」で
明日の未来を切り開く企業へ

私たちの使命

“働きたい”に応える、それが私たちの使命です。

重度身体障がいを持つ方の就労意欲が急速に高まっている一方で、雇用の受け皿となる企業が、まだまだ十分ではないというのが現状です。
私たちUTハートフル株式会社は2008年の設立以来多くの方たちの“働きたい”に応えてまいりました。
これからも雇用創造を積極的に推進し、障がい者の社会参加を応援します。

「創意工夫」と「創造」で明日の未来を切り開く企業を目指します。

企業理念にある「創意工夫」と「創造」、この2つはUTハートフルにとって欠かせない大切な要素です。
なぜなら、この考え無くして成長と発展は望めないからです。
ともに働く社員は、全員が障がいを持っていますので、健常者と同じ環境では仕事ができない場合があります。
そのため、自分自身に合わせた職場の環境を整えることが仕事の成功への第一歩となります。
また、一般的な特例子会社とは異なり、私たちは自分たちの力で仕事を創造します。
情報を収集して、今、何が必要かを見極め仕事を創り出していくのです。
そうすることで、一企業としての事業の継続が可能になるのです。
会社の成長と発展が、さらなる雇用を生み出し障がいを持つ方たちの明るい未来につながっていきます。

UTハートフルのミッション

雇用人数の推移

【雇用人数の推移】
5名の社員からスタートし、2017年には当初の約30倍にまで社員数が増え、今後も着実に雇用を拡大していく予定です。

障がいを持つ方々の雇用と社会貢献、
これが私たちの役割と自負しています。

私たちが考える役割は2つ。
障がいを持つ方々の雇用の推進と社会貢献です。
在宅勤務者の採用を実施している企業は、日本全国を見ても40社に満たないと言われています。
その中でいち早く通勤の必要のない在宅勤務を導入した当社は、重度障がいの方を積極的に採用しています。
その数は、期を追うごとに増え、現在は164名にまで雇用を伸ばしています。
当社に入社していただいたみなさんの社会参加をサポートすることで、社会貢献につながっていると考えております。

基本方針

事業が継続しなければ会社の存在意義はありません。
では、どうすれば継続できるのか?私たちは3つの基本方針を掲げ、社員教育を行っています。

事業の自立と継続

UTハートフルでは、親会社から仕事を請け負うのではなく、自分たちで仕事を創り、収益を出しています。
いわば、親会社からの自立。企業としての「力」と仕事を生み出す「創造力」を高め、積極的な事業活動を続けます。

人の自立と継続

仕事にチャレンジし、チームワークで完成させていくのが私たちの働き方です。
社員全員が成長しようという強い意思を持って仕事に向き合うことで多くのやりがいが生まれ、さらに仕事を通じて自らのスキルを磨くことにもつながります。

心は自然体

状況を理解し、必要な時には手を差し伸べ、また励ましあえる人間関係づくりと同時に、お互いが切磋琢磨できるという職場の環境づくりを進めています。
誰もが自然体でいられる理想的な環境をめざします。